医療法人社団 花川眼科

0133-72-2211

目の病気のこと

目の病気について

目の関する様々な病気やその症状、治療法などをご覧いただけます。
目の病気は、早期発見・早期治療が大切です。花川眼科では、最新の設備を整え目の病気の早期発見、早期治療、 手術などに力を発揮しております。少しでも目に異常を感じたら、まずはお気軽にご相談下さい。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは?

糖尿病網膜症は日本では、成人の失明原因の第一位です。
糖尿病の三大合併症の一つで、他に腎症、神経症があります。
網膜は目の中で光や色を感じる大切な働きをしていて、カメラのフィルムの役割をするものです。 この網膜にはたくさんの神経細胞や細かい血管が張り巡らされていて、 血糖が高い状態が続くとこの神経細胞や血管が痛んで色々な変化がおこります。 糖尿病になってもすぐには網膜に変化が生じることはありませんが、数年から10年以上経過すると発症すると言われています。 かなり進行するまで自覚症状の無い事が多いので「見えているから大丈夫」という自己判断は危険です。 糖尿病と診断されたら定期的に眼科で検査を受けるようにして下さい。

どのように進行するの?
1.単純型網膜症

初期の網膜症です。最初に現れるのは毛細血管瘤や出血です。 血糖が高い状態が続くことで網膜の細い血管の壁が盛り上がって小さなコブ(瘤)になったり、血管がもろくなって出血したりします。 また、血管からタンパク質や脂肪などがもれて網膜に白斑が認められることがあります。(硬性白斑)
これらは血糖値のコントロールを良くする事で消えることもあります。
この時期には自覚症状はほとんどありませんが、1年に1~2回の定期健診が必要です。

2.前増殖型網膜症

単純型よりも一歩進んだ状態です。出血や白斑が増えます。
更に、網膜の細い血管が変形したり詰まったりして網膜が酸素不足になり、それを補うために新しい血管(新生血管)を作る準備が始まります。 この段階でもまだ自覚症状がないことが多いのですが、視力低下などを自覚することもあります。 前増殖型になるとレーザー治療をしなければならないことが多いため、1~3ヶ月毎の検診が必要です。

3.増殖型網膜症

更に進行して重症な段階になります。
網膜や硝子体に新生血管が発生して、多量の出血をひきおこし急激に視力が低下することがあります。
また網膜剥離をおこすこともあります。 この段階になると手術をしなければならないことが多くなりますが、手術をしたからと言って必ずしも視力が回復できるわけではありません。 結果として視力障害のため、生活に支障をきたすことが多くなります。
ここまで来ると、血糖のコントロールが良くても網膜症は進行しますので治療しているのに悪化するということもあります。 また年齢が若いほど進行は早くなりますので注意が必要です。

4.糖尿病黄班症

網膜の中でも特に物を見るために大切な働きをする場所を黄班といいますが、このあたりに毛細血管瘤や出血、白斑が発生したり、むくみが生じると視力が低下します。 単純型の段階でも発生することがありますので、要注注意です。 時々カレンダーなどを見て、右目と左目の視力が大きく違っていないかを確かめてみると良いでしょう。

治療法は?
1.網膜光凝固術

レーザーを使用する治療です。
網膜の酸素不足を解消することで新生血管の発生を予防したり、すでにできている新生血管を減らしたりすることが目的です。 現状よりも悪くならないように進行を抑えることが目的で、元に戻すことは出来ません。 治療後の視力は変わらないかむしろ悪化することもあります。

2.硝子体手術

レーザーで網膜症の進行を抑えられなかった場合や、すでに網膜症が進んでいて網膜剥離や硝子体出血が起こっている場合に必要な手術です。 この場合でも視力の改善はあまり期待できません。そのままでいると失明の危険もあるので、それを食い止めるためのものです。

早期発見・早期治療が何よりも大切です。

白内障

白内障とは?

私たちが目で見ているものは、角膜、水晶体をとおった光が網膜で像を結んだもので、水晶体が濁るとかすんで見えるようになります。 水晶体は直径が11mmくらいの凸レンズで、水晶体嚢(のう)という透明な薄い膜につつまれています。 白内障は様々な原因で水晶体が濁る病気で、昔から俗に「白そこひ」と呼ばれています。

原因

多くは加齢によるもので、一般的に老人性白内障と呼ばれています。
その原因としては、先天的なもの、外傷・アトピーによるもの、薬剤・放射線によるもの、他の目の病気(炎症)に続いて起こるものなどがあります。

症状は?

水晶体が濁りはじめると、水晶体で光が散乱するため、「かすむ」「物が二重に見える」「まぶしい」などの症状が現れます。 進行すると視力が低下して、メガネでも矯正出来なくなります。

治療は?

ごく初期の白内障は点眼薬で進行を遅らせることができる場合もありますが、濁ってしまった水晶体を元に戻すことは出来ません。 進行した白内障に対しては、水晶体の濁りを取り除き、眼内レンズを挿入する手術が行われます。

手術はどんなふうにするの?

手術は局所麻酔で顕微鏡を使って行います。 痛みを和らげる適切な局所麻酔を行いますので、手術中の痛みはほとんどありません。 最近の手術は約3mmの創(きず)から超音波で振動する吸引管を挿入し、灌流しながら水晶体の濁りを吸い出し(超音波水晶体摘出術)、残っている水晶体嚢の中に眼内レンズを 挿入する方法が主に行われています。
進行した白内障では手術が難しくなり他の手術方法になる場合があります。
白内障手術は年々進歩していますが、短時間で終わる簡単な手術と安易に考えないで下さい。 進行した白内障は合併症のある白内障では手術が難しくなり、手術中や手術後の合併症で視力が十分に改善しないケースもありますので、 眼科医に相談して最良の方法を選んでもらいましょう。

眼内レンズについて

眼内レンズには様々な種類がありますが、最近は小さな切開から挿入できる柔らかい素材(アクリル、シリコンなど)が使われています。

最後に

平均寿命が延びて、高齢者が現役で活躍することが多くなったため、白内障による視力障害は生活にさまざまな影響を及ぼします。 目のかすみや視力の低下を感じる方は、どうぞ眼科を受診してみて下さい。

緑内障

緑内障

緑内障は、「眼圧が上がる」→「視神経が障害される」→「視野が欠けたり、視力が低下する」→「失明する事がある」という病気です。
糖尿病の三大合併症の一つで、他に腎症、神経症があります。
最近の厚生省の調査では失明原因のトップであり、緑内障学会の調査では40歳以上の日本人のおよそ20人に1人が緑内障であるということです。 緑内障の発症は年齢とともに増加していきます。 また発見される緑内障患者さんのうち、自分が緑内障であることが分かっている方は全体の10パーセントにすぎません。 つまり、自分が緑内障であることに気付かずに過ごしている方がたくさんいらっしゃるということです。
最近の緑内障の診断、治療はとても進歩していて、以前のように「緑内障=失明」という概念は古くなってきていますが、それでも失明から救えない 難しい緑内障の患者さんが今もいらっしゃることも事実です。 やはり、早期治療で失明という危険性を少しでも少なくすることが大切です。

眼圧とは?

眼球の形をととのえるために必要な一定の圧力のことを「眼圧」といいます。 この眼圧を保っているのは「房水」という液体で、目の中の毛様体というところでつくられて水晶体や角膜に栄養を運び、目の外の血管へと流れて行きます。 この房水の循環によって目の中の圧が一定に保たれています。
言い換えると、眼圧には目の硬さであるとも言えます。
眼圧が高くなると(目が硬くなる)、視神経が圧迫されて障害を受け、そのために視野が障害されたり視力が下がったりすることになります。 視神経が障害されると治療で元に戻すことはできません。ですから視神経の障害に進行しないうちに治療をすることがとても大切です。

眼圧の正常値は?

最近の日本の大規模な調査によると、日本人の平均眼圧は14.5mmHgで、およそ10~20mmHgが正常範囲と考えられています。 眼圧は1日の中でも変動しますし、季節によっても変わります。また性別・年齢・目の屈折状態(近視や遠視の程度)・人種などによっても変わります。 また、眼圧が正常範囲にあるのに視神経が障害される「正常眼圧緑内障」と呼ばれるものがあり、日本人に特に多いことがわかってきました。

緑内障の症状は?

緑内障の自覚症状は、見えないところ(暗点)があるとか、見える範囲(視野)が狭くなるなどが一般的です。 日常の生活では両眼で見ていることがほとんどですから、自覚症状として認識することはあまりありません。 また多くの場合、病気の進行がゆっくりなので、初期には視野の異常を自覚することはほとんどありません。 自覚症状に気付くのはかなり進行してしまって視野や視界が悪くなってからということが多いです。 そして、この視野の変化は元に戻すことができません。
緑内障の治療はあくまでも進行をゆっくりにするもので、見え方を良くすることはできません。
40代になったら眼の健康診断もぜひ受けて頂きたいと思います。

緑内障分類
1.開放隅角緑内障

隅角(房水が眼球の外に流れ出る通路)が目詰まりして、房水がスムーズに眼の外へ流れ出ないために眼圧が上がるタイプの緑内障です。
  眼圧が正常範囲にあるのに視神経が障害されるタイプの緑内障(正常眼圧緑内障)もこの中に含まれます。

2.閉塞隅角緑内障

隅角が狭くなったり、閉じてしまったりして急激に眼圧が上がるタイプの緑内障です。
急激に眼圧が上がると、眼痛や頭痛、眼の充血、かすみ、吐き気や嘔吐などの症状が現れますので、慌てて内科や脳外科を受診される方もいらっしゃいます。

3.続発性緑内障

眼球の炎症(ぶどう膜炎など)、糖尿病網膜炎、ステロイド剤の長期使用、眼の外傷などが原因で眼圧が阿賀津タイプの緑内障です。

4.先天性緑内障(発達緑内障)

生まれつき隅角がつまっているタイプの緑内障です。
生まれた直後から眼圧が高いと、眼球が大きくなる俗に「牛眼」と呼ばれています。
乳幼児の緑内障は進行がとても早いので、早期に手術を行う必要があります。

緑内障の検査

緑内障の診断や経過観察のためには、いろいろな検査が必要になります。
一度、緑内障と診断されたら障害にわたって定期的に診察や検査を受けていく必要があります。

1.視力検査
2.眼圧検査
眼圧を測る器械はいくつかの種類があります。
患者さんの眼に空気を吹き付けて測るノンコンタクト眼圧計や患者さんの眼に器械を接触させて図るゴールドマン圧平眼圧計などが主なものです。
3.隅角検査
専用のコンタクトレンズを用いて隅角の状態を観察します。
4.眼底検査
視神経の状態を確認するための検査です。
視神経が眼球の中へ出てくる場所には小さな凹みがありますが緑内障ではこの凹みが大きくなります。
健康診断などもで最近は「視神経乳頭陥凹拡大」と判定されることがありますが、これは緑内障の可能性を示す所見として知られています。
眼底県債の際には、眼底カメラで視神経乳頭とその周囲の網膜の写真を撮ります。
最近は、OCT(三次元画像解析装置)検査も行う施設が増えています。
これは視神経や網膜の断層写真を撮る検査で、眼底検査よりももっと詳しく視神経乳頭やその周囲の網膜の状態がわかります。
5.視野検査
目をまっすぐ前に向けていてもある程度は周囲の物の動きがわかりますが、この分かる範囲がどのくらいあるのかを調べるのが視野検査です。
緑内障の治療
1.お薬
緑内障の治療は点眼薬が主になります。
今日ではさまざまな薬効の点眼薬があり、緑内障のタイプや眼圧の高さに応じて処方しています。
眼圧を下げるための内服薬もありますが、体への副作用がでることがあり長期の使用は出来ません。
点眼薬は症状が良くなったからといって止めることはできませんし、なかなか良くならないからと言って止めることも危険です。
医師の説明をよく聞いて根気よく治療を続けることが大切です。
2.レーザー治療
閉塞隅角緑内障で急に眼圧が上がって強い症状が出た場合や、点眼薬・内服薬の効果が不十分な場合などにレーザー治療を行う事があります。
3.手術
お薬やレーザー治療で十分に眼圧が下がらない場合には手術になります。
最後に

日本では、40歳以上のおよそ5%、つまり20人に1人が緑内障だといわれています。
また、そのうち80%の方は自分が緑内障だと気付かずに生活しているといわれています。
実際に緑内障は他の病気の検査のために受診される方の中から見つかることがほとんどです。
知らないうちに視野が欠けたり、視力が低下すると大変です。
40代になったらぜひ眼科でも検査を受けてみて下さい。

ドライアイ

ドライアイとは?

涙の量が減ったり、量は十分でも涙の質が低下することによって、目の表面を潤す力が低下する状態をドライアイといいます。 涙は目の表面を潤すだけでなく、角膜、結膜の細胞に酸素や栄養を届ける役割もはたしていますから、 ドライアイでは目の表面に傷がつきやすくなります。 現在、日本では約800万人の患者さんがいると言われています。

涙はどこから来て、どこへ行くの?

涙は上のまぶたや、やや外側にある「涙腺」でつくられ、瞬きをすると目の表面に行きわたります。 瞬きによってほとんどの涙は目頭の上下にある「涙点」という小さな穴から鼻の奥に流れて行きます。 一部が目の表面から蒸発して行きます。私たちは1分間に20~30回の瞬きをしています。

涙の役割は?
  • 1.目の表面を潤す、乾燥から目を守る
  • 2.殺菌作用
  • 3.ごみやほこりを洗い流す
  • 4.角膜に酸素、栄養を運ぶ
ドライアイの症状は?
  • 1.目が乾く
  • 2.異物感(ゴロゴロする、しぶい)・痛み
  • 3.充血する
  • 4.まぶしい
  • 5.目が疲れる
  • 6.なんとなく不快な感じがする
ドライアイはどういう人におこりやすいの?
1.年齢

中高年になると、涙の分泌量や質が低下します。

2.性別

女性の方が男性よりドライアイになりやすいと言われています。

3.VDT作業

長時間のVDT(パソコンなど)の作業はドライアイの原因になる事が多いです。

4.乾燥・湿度の低下

秋・冬の乾燥した季節にドライアイが悪化する人が多く見られます。
またエアコンの吹き出し口の近くにいると症状が悪化する事があります。

5.コンタクトレンズ

特にソフトコンタクトレンズを利用する方でドライアイの割合が多くなる傾向にあります。

6.喫煙

タバコの煙によって、涙の状態が悪くなることがあります。

7.内服薬

一部の高血圧の薬や、精神疾患の薬などで、涙の分泌量が少なくなる事があります。

8.点眼薬

目薬の中にも、ドライアイに良くない影響を与えるものがあります。
ドライアイでは、目薬の中に含まれる防腐剤などによって症状が悪化する場合があります。

9.全身の病気

シェーグレン症候群という自己免疫疾患では、強いドライアイを生じることがあります。

ドライアイの検査は?
<涙の量を調べる検査>
「シルマーテスト」が一般的です。これは細かい濾紙をまぶたの縁にはさんで、5分かいでどれぐらい濡れるか?を調べる検査です。 少し刺激があって痛みを感じることもありますので、より簡単にできる検査として「綿糸テスト」もあります。
<目の表面を調べる検査>
「スリットランプ」という検査用顕微鏡で行います。 フルオレセインという黄色の染色液を目の表面に点眼してスリットランプで観察すると、傷のある部分が染まって見えます。 同時に、涙の安定性を調べる検査も行います。瞬きをしないで、目の表面の涙の層がどのくらいの時間で均等になるかを調べます。 検査は短時間で終わりますし、強い痛みなどはありません。
ドライアイの治療は?
1.点眼薬

症状が軽い場合には、潤いを与える点眼薬で様子を見ます。
ヒアルロン酸製剤、人口涙液など、涙の分泌を促す点眼薬や角膜や結膜の表面の目を守るための物質を増やす点眼液なども開発されています。

2.ドライアイ用眼鏡

目が乾きにくいように、眼鏡のまわりにカバーがついています。

3.涙点プラブ

涙が流れていく出口である涙点に栓をして、涙が目にたまりやすくします。

4.悪化の原因を取り除く

長時間のVDT作業や長時間の車の運転は、瞬きの回数が減るため、ドライアイ症状が悪化します。休憩をとって目を休めることが必要です。 またパソコンの画面を目の高さよりやや下方に置くと、目が乾きにくくなります。 コンタクトレンズの装用時間を少なくすることも効果があります。 エアコンの吹き出し口の調整や加湿の工夫なども効果的です。

最後に

ドライアイは失明などの重い障害につながりやすい病気ではありませんが、長期の目の不快感や疲れの原因になりやすく、 日常の生活に大きな営業を与えることが多い疾患です。 最近では様々な治療法が開発されていますので、目の違和感や疲れなどが気になる方はぜひ一度眼科を受診してみて下さい。

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは?

黄斑とは網膜の中でも物を見るための中心部のことです。
この黄斑がおもに加齢により変化して「物がゆがんで見える」「中心が暗く見える」などの症状が起こるものです。
程度の軽い場合はルテインの服用などで経過を見ていきます。
症状が重い場合には手術が必要になることもあります
。 片方の目に発病した場合には気づくのが遅れることがあります。
時々、片方ずつの目の見え方を確認するとよいでしょう。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは?

糖尿病の3大合併症のひとつで、日本国内の途中失明の第2位がこの「糖尿病網膜症」です。
病状の進行の度合いで病期が分類されますが、血糖コントロールをはじめとした内科的管理のもとに治療方針が決定されます。 内科と密な情報を交換し合い治療を進めていくのが大切です。

網膜剥離

網膜剥離とは?

年齢に関わらず発症する可能性がある病気ですが、特に20代と50代に多いといわれています。 初期症状として「飛蚊症(小さなゴミや虫、髪の毛のようなものが見える)」、 「視野欠損(視野全体が暗くなったりカーテンに覆われたように物が見えにくくなる)」、 チカチカ光のようなものや光が走ったように見える、視力低下などがありますが、痛みがないことから気がつかない多く病気です。

「急に視力が低下した」、「物がゆがんで見える」、「見えにくい部分がある」等に気付いたらまずは眼科で検査を受けましょう。 網膜剥離の疑いがあります。
眼の異変を早く見つける事が重要です。

屈折異常

屈折異常とは?

近視、遠視、乱視やそれらの混じったものを言います。
見えにくい、ダブる、疲れるなどの自覚症状があります。
眼鏡やコンタクトレンズを正しく装用することで、改善されます。

老眼

老眼とは?

眼の調節力が衰えて、近くの細かい字などが見にくくなります。 加齢現象の一つですが、老眼の症状が現れる年代は他の加齢による眼の病気もおこりやすくなります。 眼鏡店でめがねを作って済ませるのではなく、一度眼科で検査を受けてみると安心です。